投票日に投票に行けない人は、期日前投票や不在者投票を。

期日前投票制度

選挙は、選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としていますが、期日前投票制度は、選挙期日前であっても、選挙期日と同じ方法で投票を行うことができる仕組みです。

●対象となる投票

選挙人名簿登録地の市区町村で行う投票が対象となります。

●投票対象者

選挙当日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭などの用務があり、投票に行けないと見込まれる方。投票の際には、宣誓書に列挙されている一定の事由の中から自分が該当するものを選択します。

●投票期間

選挙期日の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日までの間です。

●投票場所

市役所などに設けられる期日前投票所です。各市区町村に1カ所以上設けられています。

●投票時間

原則、午前8時30分から午後8時までです。ただし、それぞれの期日前投票所により、投票できる期間や時間が異なることがありますので、お住まいの市町村の選挙管理委員会へお問い合わせください。

●投票手続

基本的な手続きは選挙期日の投票所における投票と同じですが、投票の際に宣誓書へ必要事項を記入いただく必要があります。

不在者投票制度

仕事や旅行などで、投票日当日に投票所に行けない方は期日前投票のほか不在者投票をすることができます。また、選挙期間中、名簿登録地以外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で、指定された病院や老人ホームなどに入院・入所をしている方は、その施設内で不在者投票ができます。

●不在者投票の手続き

  • 1)不在者投票請求書・宣誓書に必要事項を記入し、名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会へ郵送。
    ※請求は公示(告示)日前からできます。
  • 2)名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会から、不在者投票請求書・宣誓書に記載されている送付先住所に投票用紙などを送付。
  • 3)郵送されてきた投票用紙などを受け取り、そのまま最寄りの選挙管理委員会に持参(封筒の中の不在者投票証明書は開封しない、投票用紙に予め記入しない)
  • 4)最寄りの選挙管理委員会で、次の流れで投票。
    ①不在者投票記載場所で投票用紙に記入
    ②投票用紙を内封筒に入れて封をする
twitter
@senkyo.go.kochi
LINE

運営:高知県選挙管理委員会事務局